RaaSの先駆けb8ta北川日本代表へインタビューでわかったこと

 Agenda note連載 第20~22回です。

 この連載第5回で『商品を売ることではなく、理想的な形で商品を顧客に体験してもらうこと』がミッションで、店内での顧客体験データをメーカーに販売することで収益を上げる小売店舗という新しいビジネスモデルの先駆けであるb8taを取り上げました。

 b8taはこのビジネスモデルをRaaS(Retail as a Service)と呼んでいます。

RaaSとは

  Retail as a Service の略で「小売のサービス化」を指しますが、ニュアンスとしては、小売企業とIT企業が共同でサービスを開発して、他の小売企業やメーカーにサービスとして販売するものです。

b8ta シアトル ユニバーシティビレッジ店

  連載第5回がきっかけで、日本法人の代表を務める北川氏にインタビューする機会を得ました。
 私が、同じ店に2回行ったり、シアトルとサンフランシスコの店舗比較した経験があるので聞けたこともありますし、お話を伺って想像と違っていたことも多数あり、貴重な機会でした。

前編: 有名テクノロジー企業も多数出品。米国発b8ta 北川卓司・日本代表に聞く日本進出の勝算

有名テクノロジー企業も多数出品。米国発b8ta 北川卓司・日本代表に聞く日本進出の勝算

https://agenda-note.com/retail/detail/id=2644

中編: 「販売員で差別化」b8ta日本代表が語る、体験型RaaSで最も重要なポイント

https://agenda-note.com/retail/detail/id=2648

後編:なぜ「商品を売らない姿勢」が大切なのか。今夏、日本進出 b8taが明かすビジネスモデル

https://agenda-note.com/retail/detail/id=2649

 b8taは店舗で商品を買うことも可能なのですが、それを目的としないノウハウが満載です。
 前中後編と長いインタビューですが、RaaSの肝が店頭従業員教育にあるということが理解いただける良いインタビューになったと思います。

b8ta日本進出

 RaaS(Retail as a Service)の先駆けであるb8taが、いよいよ2020年8月1日に日本初の店舗を出しました。 以前、日本法人代表の北川さんと対談したご縁もあり、7月28日の記者会見および内覧に招待枠をいただいたので[…]

b8ta Tokyo
関連記事

Agendanoteの連載17回目です。渋谷PARCOの1階には、物が並んでいるのに販売をしない「BOOSTER STUDIO」という店舗があります。アメリカのb8taのようなサービスですが、Googleも出品。知[…]

関連記事

12/3(火)、4(水)の2日間行われる超濃密リテールカンファレンスであるリテールアジェンダに登壇を2本します。「盒馬鮮生」中国最新事例を徹底分析、日本企業がOMO実現に向けて学べることhttps://retail[…]

お読みいただき、ありがとうございました。
記事をお読みいただいた方に最適化された広告です。

最新情報をチェックしよう!