渋谷PARCOが、「商品を売らないお店」を出店した理由

  • 2019年12月27日
  • 2020年4月1日
  • 寄稿

Agendanoteの連載17回目です。

渋谷PARCOの1階には、物が並んでいるのに販売をしない「BOOSTER STUDIO」という店舗があります。

アメリカのb8taのようなサービスですが、

Googleも出品。知る人ぞ知る、店頭の商品が売れなくても利益が出る米国の注目店舗「b8ta」



違うところもあるということと、今後ショッピングセンターなどにこういった店舗が増えてくるという予想を記載しています。
↓ご興味ある方はお読みくださいませ。

https://agenda-note.com/retail/detail/id=2197

渋谷パルコは屋上庭園(無料)の開放感もありますし、6F任天堂TOKYO、5FのOMO店舗群、地下のユニークな飲食街と見どころたくさんですが、ぜひ1Fの売らない店舗にもよってみてください。

関連記事

 Agenda note連載 第20~22回です。 この連載第5回で『商品を売ることではなく、理想的な形で商品を顧客に体験してもらうこと』がミッションで、店内での顧客体験データをメーカーに販売することで収益を上げる小売店舗という新[…]

関連記事

 昭和女子大学でレジレススマートストア実験店舗を出すなど、ダイエーでデジタルシフトを推進している吉岡氏との対談記事アップされました。前編 前編は2018年一般公開されたAmazonGoに共に行った時の話と、スマートストアに[…]

関連記事

 ダイヤモンド・リテイルメディア様のDX2020というセミナーで「店頭顧客行動が見えることで起こる店舗と顧客体験の進化」というタイトルで喋ってきたときの概要が公開されました。 内容と聴講者層が一致する安定感 参加者配布PD[…]

DX2020講演概要OGP

お読みいただき、ありがとうございました。
記事をお読みいただいた方に最適化された広告です。

最新情報をチェックしよう!