TAG

調剤薬局

保険診療に基づいて医師の発行する処方箋に従い、調剤を行う薬局のことを保険薬局と呼ぶ。世間で薬局としてイメージされているのは調剤薬局だが法律上の正式な名称ではない。薬局は調剤の業務を行うが、薬局製造販売医薬品やOTC医薬品(要指導医薬品・一般用医薬品)によるセルフメディケーションの相談などに応じることも薬局として本来の役割である。

  • 2022年10月5日
  • 2022年10月4日

NY視察ツアー 2022年Part2 Westbury RSC

このページで記載するのは、Westbury地区で地図上でチックフィレのある東からホールフーズのある西までです。 Walgreens は店頭で帯状疱疹の啓蒙 実質初日の視察は、チックフィレの向かいにあるドラッグストアWalgreens(店名はWalgreens、企業名はWalgreen)からでした。 […]

  • 2022年9月6日
  • 2022年11月24日

「Amazon、処方薬ネット販売に参入」への見解

以前、「Amazon薬局が驚異にならない理由2つ」というコラムを書きました。9月5日〜6日にかけて日経さんが「Amazon、処方薬ネット販売に参入」という日本でも同種サービスを始めるかのような記事を複数掲載したため、このコラムへの流入が増えています。 というわけで、日経さんの以下の記事を一通り読んで […]

  • 2021年2月8日
  • 2021年2月8日

保険調剤薬局の棚卸資産評価方法は何が良いか

棚卸しとは 棚卸資産とは事業活動を行うために保有する商品、製品、半製品、原材料、仕掛品、貯蔵品などをいいます。物品を販売する事業では通常これらの棚卸資産を保有していますが、その価値は変動しますので、評価基準及び評価方法が定められています。 当然、薬局における医療用医薬品の在庫も棚卸資産であり、何時間 […]

  • 2021年1月25日
  • 2021年6月3日

Amazon薬局が驚異にならない理由2つ

アマゾン薬局ことAmazon Pharmacyは驚異となるか? 2020年11月17日に発表されたAmazon Pharmacyが書籍業界のように業界を変えるのではないかと見る人が多いです。しかし、私はそうならないと考えます。 Amazon薬局が驚異にならない理由 1.Amazon.comと分断され […]

  • 2021年1月24日
  • 2021年1月24日

保険調剤薬局の現状と医療の未来予想

日本の保険調剤薬局の現状 ※以下、概算です。「約」は端折っています。日本の保険調剤医療費は厚生労働省資料(2019年)によると、7.7兆円です。また、日本薬剤師会資料(2020年2月分推測値)によると、医薬分業率は77.3%ですので、薬局が受け取っている医療費は6.0兆円です。年間処方箋枚数は厚生労 […]

  • 2020年2月5日
  • 2020年10月1日

保険薬局と調剤薬局の違いとドラッグストアが誕生した理由

保険薬局? 調剤薬局?  保険診療に基づいて医師の発行する処方箋に従い、調剤を行う薬局のことを「保険薬局」と呼びます。世間で「薬局」としてイメージされているのは「保険薬局」 です。  「調剤薬局」 は法律上の正式な名称ではありません。薬局は調剤の業務を行う場所ですが、薬局製造販売医薬品やOTC医薬品 […]

  • 2018年2月2日
  • 2022年2月25日

セルフメディケーションと医療用医薬品の零売

※2016年12月14日に最初に書いた記事です。 セルフメディケーションと医療用医薬品について、薬剤師として長年グレーゾーンと感じていたことに関して気になるニュースを目にしました。 マイナビニュース:処方せんがなくても病院の薬が買える「薬局」が東京都・池袋にオープン 『同薬局は、薬を自身で選び、治療 […]

  • 2018年2月2日
  • 2022年1月26日

インシデント対策として業務省略に着目する重要性:調剤薬局事例

薬局業務の話ですが、ほかの事にも共通だと思います。 監査漏れによるインシデントが発生  年末年始の医療機関休日の影響もあり、薬局では薬剤師・事務全員が朝から忙しく働いている状況。  その中で監査もれがあり、インシデントが起きた。 この状況を分析してみます。 1枚につき処方箋受付から監査までを4分で行 […]