公衆衛生で一番大切なことは、相手の靴を自分の足で履いてみること相手の立場と気持ちになれなかったら相手を動かすことはできない。

 新型コロナウイルスが話題の中心になって、どれだけ経ったでしょうか。感染症予防というのは公衆衛生の話でもあります。

公衆衛生

は「組織された地域社会の努力を通して、疫病を予防し、生命を延長し、身体的、精神的機能の増進をはかる科学であり技術」です。

 さて、

薬剤師法第一条

に薬剤師の任務が定められています。

 「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。」

薬剤師の任務において、調剤は手段であって目的ではない


【目的】は国民の健康な生活を確保することです。
【手段】は、薬事衛生を司る、すなわち薬品や食品などを国民が安心して使えるように、薬学の専門家の立場から管理や環境整備といった活動をすることです。

 タイトル「なぜ、薬剤師は国民の健康な生活を確保するのか?」の答えは、薬剤師の任務における目的そのものだからです。
  「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどる 」ことはそれを実現する手段なのです。

公衆衛生で大事なこと

 公衆衛生について、前職ココカラファインでセイジョー調剤事業部課長時代にお世話になった曙橋のしらかばクリニック井戸田院長のツイート(専門家会議の尾身先生との思い出話)に感銘しました。

公衆衛生で大事なのは、相手の靴を自分の足で履いてみること。相手の立場と気持ちになれなかったら、相手を動かすことはできない。

 薬剤師はじめ、各医療関係者はこの気持ちをもって業務に尽くしたいものですね。

関連記事

保険薬局? 調剤薬局? 保険診療に基づいて医師の発行する処方箋に従い、調剤を行う薬局のことを「保険薬局」と呼びます。世間で「薬局」としてイメージされているのは「保険薬局」 です。 「調剤薬局」 は法律上の正式な名称ではあり[…]

調剤薬局薬剤師
関連記事

【2011年3月31日】に書いたブログです。日医からはJMAT派遣に「薬剤師」という単語がなかった震災直後、以下のニュースが出た時に(現役ではありませんが)一薬剤師として”カチン”ときたことは今でも覚えています。[…]

東日本大震災
関連記事

国の方針でもある医療のICT活用の 現状 と ブレークスルー可能性概要・前置き ・医療におけるICT活用は国の方針・医療ICT化の現状・一人の患者が受診→薬を受け取るまでの裏側・医療機関と薬局が情報連携すると、できること[…]

関連記事

※2020年3月30日にリライトしました。プロフェッショナルが持つ専門能力 ここでいう専門能力とは、各部門および特定領域に関わるプロフェッショナルとしての専門職幹部としての能力をさします。 プロフェッショナルとは、[…]

関連記事

【2016年11月26日】に書いたブログです。この件に関しては所属するココカラファインで立てた戦略および一薬剤師として非常に感じるものがありましたので、熱くなってます。DeNAがやってるウェルク(Welq)っていうのが企業としてやっては[…]

IMG
関連記事

【2010年10月29日】に書いたブログです。薬局業務の話ですが、ほかの事にも共通だと思います。◆状況を仮定します。 年末年始の医療機関休日の影響もあり、薬局では薬剤師・事務全員が朝から忙しく働いている状況。 その中で監査もれが[…]

お読みいただき、ありがとうございました。
記事をお読みいただいた方に最適化された広告です。

最新情報をチェックしよう!