店頭顧客行動画像AI活用によるダイエー売場改革とAmazonGo

 昭和女子大学でレジレススマートストア実験店舗を出すなど、ダイエーでデジタルシフトを推進している吉岡氏との対談記事アップされました。

前編

 前編は2018年一般公開されたAmazonGoに共に行った時の話と、スマートストアについてが中心です。

吉岡 3つ感じたんですね。1つはレジが不要という空間がどういうものなのかというところ。一番仮説を置いていたんですが、私たちは長年レジありきで、売り場・レイアウト・オペレーションをしてきました。それがない空間を見られたというのがすごいインパクトでしたね。
2つ目に、カメラとかセンサーとかのデバイスが目立たないので、すごく買い物自体が楽しい。あまり見られているという感じがなかった。
3つ目に、買い物体験のあと、Amazonの人とデバイスの話をしたんですね。
我々はどうしても店舗を作るとなると、償却資産とか金利相当分が重く乗るんですが、わりとデバイスが安いもので、仕組みで組み合わせることができる。この3つが印象に残っていますね。

前編 https://promarketing.konicaminolta.com/column/1

後編

 後編は、私もお手伝いしていて、ダイエーでも棚前顧客行動把握に活用されているコニカミノルタの画像AIシステムgo insightで出てきた結果についての話です。

郡司 まず、計画購買とか非計画購買をID-POSで取ることは普通不可能ですね。あえて言えば、1回ミネラルウォーターを買っていった人が、次も同じミネラルウォーターを買いました。これが何回も続けばこれは計画購買だろうという仮説が立てられるわけですね。

でもGo Insightで顧客行動が見えてくると、そのミネラルウォーターを買う前に別のミネラルウォーターを触っているみたいなのも取れるわけです。そうすると、これって必ずしも計画購買じゃない品物だよねっていうのが見えてくるわけですよね。

「いつも同じブランドのミネラルウォーターを買っているから、このブランドのロイヤルユーザーである」と思っていると、実際はそうではなくて、「迷っているんだけど最終的に決め手がないので同じミネラルウォーターにいっているわけだよね」ということかもしれない。

そうするとそれはブランドが強いのではなく、スイッチするコストのほうが大きいって話なんですよね。「より魅力的な商品が出たときに一気にドカッと持っていかれちゃう可能性がある商品ですよね」という部分が分析できるって話ですよね。

非計画購買、要は、店舗に行ってから決めるっていうモノには種類があって、純粋衝動購買は店舗の売り場に行ったとき、買うつもりがなかったんだけどなんか買っちゃった。店に行ったときになんかこんなおもしろいのがあるんだとか、こんな新しいものが出たんだとぱっと買う。これが純粋衝動購買。

一般の人が思っている非計画購買ってこればっかりなんですけど、実はほかにもあって、ビールを買うってことは決まっているんだけど、どのブランドかは決めていない。店に行ってから決めようって。

なのでよく言う「買い物の決定の瞬間は売り場にある」という話で、カテゴリは決まっている。お茶買うのは決まっているんだけど、どのお茶を買うかはその場で決める。値段かもしれないし、おいしく見えたかもしれないし、売れてそうだからかもしれないし、販促物が魅力的で売れたという話かもしれないってところですよね。

後編 https://promarketing.konicaminolta.com/column/2

 編集しても濃厚過ぎましたので、前後編になりました。後半で「売場が語っていなかった」という名言がでるほどに良い対談になりましたので、ぜひご覧ください。

関連記事

高輪ゲートウェイTouch to goの進化ポイント大きさと品揃えの変化 2018年の赤羽駅ホーム実験店舗は、店舗面積約21平方メートル、 販売商品は 飲料、ベーカリー、菓子類など約140種類の紀ノ国屋商品でした。[…]

JR東日本Touch to goが無人店舗を作る目的
関連記事

 Amazon本拠地SeattleにあるAmazonGo1号店に行ってきました。(現地時間2018年5月15日-18日) クラスメソッド社 横田社長のご尽力のおかげで、Amazon BooksやAmazon experie[…]

関連記事

ウェビナー出演きっかけ 新型コロナウィルスの影響で、各種イベントが中止・延期になっています。私も講演のいくつかが中止・延期となりました。 その流れで、3月3日(火)〜3月6日(金)に幕張メッセで開催予定だった展示会のリテールテック[…]

ウォークスルー決済の現在とスキャンアンドゴー方式の現状と可能性:グラレコ
関連記事

ファクトベース「ファクトベースで考えろ!」 良く聞く言葉ですよね。 客観的事実を起点にしろということですが、ここでいう事実だけあっても実際には駄目で、事実を元に考えろという意味ですね。 客観的事実といえば、そう「デ[…]

DIKWピラミッド
関連記事

【2015年10月12日】のブログです。あまり講演メモをブログにはしないのですが、Proactiveになれたので。2年経ち、『マシーンラーニング止まりの会社とディープラーニング活用できる会社の差が出る時代』がこれから来ると感じてい[…]

お読みいただき、ありがとうございました。
記事をお読みいただいた方に最適化された広告です。

最新情報をチェックしよう!