企業広報の役割

人前でお話をさせていただくときは、マーケティング、ICTの文脈で呼ばれることが多いです。マーケティングという言葉も単に宣伝・広告・販促のことと勘違い(手段の一つではあるが)されている方が多いですが、Web記事やSNSを見ていて企業における広報の役割を理解している方が多くはない印象を受けましたので記載します。

企業広報の目的

企業広報を行う目的は、企業の社会的評価を向上させることで、企業価値の向上と収益基盤の強化を図ることです。企業ブランド価値の向上により、ステークホルダーの意識変容を期待して活動するわけです。

ここでいうステークホルダーは投資家だけでなく、顧客、取引先も含めた企業・市民、社員という社会全体を指します。図にすると

ステークホルダーに期待する効果

この図に解説は要らないと思います。

忘れられがちなことが社内広報です。社員がブランド価値を感じることで、愛着と誇りを持てれば、日々の仕事のやる気も出ますし、他社に転職しようという気もなくなるわけです。離職率の高い会社は給与制度が原因ではなく、自社との距離感を感じるということが多いのではないでしょうか。

広報と同時に、社長をはじめとした経営幹部の日頃の言動がいかに大事かということでもあります。私のように、様々な会社と一定の距離感で接触していると、特にトップの言動と社員の働きぶりが連動していることを実感します。

さて、図を見ていると、マーケティング部門の持つ役割と重複する部分が多いことに気づきます。企業のコミュニケ―ション活動における広報部門とマーケティング部門の役割分担についても図にしてみます。

コミュニケーション活動と機能

 一般的な役割分担だとこういうところでしょう。一言でいえば、顧客とのコミュニケーションはマーケティング部門、投資家をはじめとした社会とのコミュニケーションは広報部門ということになります。当然、この二部署が連動した動きができるかどうかが、双方の成果に影響します。

したがって、マーケティング部門の主要KGIは顧客に支持された結果としての売上、広報部門の主要KGIは投資家に支持された結果としての株価ということになります。株式非公開企業の場合は、活動の結果を知るために、認知度、NPSなどのリサーチを定期的に行う必要があります。

投稿者プロフィール

ngunji
ngunjingunji.com
自部署→自社→業界→社会。全体最適を思考する経営戦略が好きなマーケティングとECの責任者かつ薬剤師。
特技:プロアクティブなマーケティング戦略策定。