P&Gからの学び|「機」をどう捉えるか?を変えると「好機」が得られる

 カテゴリーキャプテン(カテゴリーサポートリーダー)であったP&Gの方々の発言から思ったこと

note(ノート)

 カテゴリーサポートリーダーという仕組みが前職ではありました。  大手スーパーセンターであるトライアル社のカテゴリー…

カテゴリーサポートリーダー(CSL)という仕組みが前職ココカラファインではありました。

 大手スーパーセンタートライアル社のカテゴリーキャプテン制度を参考に、主要カテゴリーの棚割を分析力のあるメーカーと小売でともに考え、棚全体の収益を上げようという取組みです。

P&Gは機会重視

 カテゴリーサポートリーダーであったP&Gの方々のプレゼンを聴いている時に、やたらと「機会」という単語を使っていたのが耳に残り、気になりました。

 例えば、対象カテゴリーの月次実績が同業他社平均と比較して、著しく低いという望ましくない結果だった。
 こんな時にも「ここに機会があります」と彼らは表現する。
 一般的な感覚だと、望ましくない結果なのだから、ピンチである「危機」とリスクとか言いそうなものです。

 その時、気になったので、

「機」の付く言葉

を並べてみると。
 危機
 機会
 機敏
 機転
 機運
 動機
 機先
 機嫌
 待機
 機微
 好機
 機械
 機関

 …
 そして「機」という単語を調べると、「物事の起こるきっかけ。また、物事をするのによいおり。」という意味が最も多く出てきて、多くの方の印象もこれではないかと思います。

機のとらえ方

には
「物事の大事なところ。物事の分かれ目となる要。」
という意味もあるのですね。

 つまり、「機」をいかに機敏にとらえて、どう生かして「機会」にするかは、物事の大事な分かれ目になるということです。結果として「好機」だったという状態になるためには。

機会を得るには現状満足から抜ける必要がある

「この会社に転職したときは大変だった」「今は慣れたけど、ジョブローテーションでこの部署の業務に就いたときは大変だった」という言葉を貴方が思いついた時、、、、ヤバいかもしれませんよ。状況が変わって苦労した時代、それを克服して[…]

関連記事

時々、元マラソン選手である有森さんの言葉を思い出します。「一生懸命頑張っていると、いろいろな人がいろいろなチャンスをくれます。でも、一生懸命頑張らない人には何もチャンスは来ません。」会社員時代、前者が増えて後者がいなくなると良いと思い、[…]

お読みいただき、ありがとうございました。
記事をお読みいただいた方に最適化された広告です。

最新情報をチェックしよう!