リンクトイン・クリエイター認定されました。

  • 2020年10月7日
  • 2020年11月13日
  • 私事

 ビジネス向けSNSとして、登録者数は世界で6億3,000万人以上。アメリカでは1億6,000万人、インド5,900万人、中国5,000万人、ブラジル3,700万人、イギリス2,700万人、フランス1,800万人、その他インドネシアでも1,300万人が利用しているLinkedinですが、今でも日本では200万人程度ということです。グローバリゼーションに取り残されている事象の一つとも言えます。

 英語版しかない頃から登録していた私はレアケースなのですが、当時日本人は本当に少なかったです。
 日本語版が出たときに、増えるかなぁと期待していたのですが、イマイチだった記憶があります。

 暇な時にチョコチョコとTwitter向きではないビジネスポストをしていたのですが、1年くらい前から反応が良くなってきたと感じていました。
 ポストされる方も増えてきて、グローバルなリテールのニュースをポストされる方を見かけることが多くなりましてので、その頃から1日数回見るようになりました。
 そして、半年くらい前からはビジネス向けのポストはTwitterよりも反応がよくなってきました。
 私は小売の人間なので、Twitterで人気のSNS礼賛やデジマ万歳ではなく、ベタに経営に響くポストがしたいわけで、どんどんLinkedinのポストが増えていったわけです。

 そんなこんなしているうちに、他薦でリンクトイン・クリエイターなるものに認定された次第です。

 リンクトインクリエイターについては、以下をどうぞ

 このような活性化策が機能しだしたからこそ、「場」の価値が高まるのだと思います。
  気になる方は、まずLinkedinに登録されてみてはいかがでしょうか。


 

お読みいただき、ありがとうございました。
記事をお読みいただいた方に最適化された広告です。

Linkedin
最新情報をチェックしよう!