薬剤師は調剤士ではない”はず”

士と師の違い

「薬剤師」は
 薬剤士ではなく
 調剤士でもなく
 調剤師が一番あり得ない
と考えています。

「士」は「事を処理する才能のある者」であり、弁護士とは言い得て妙です。
「師」は「教え導く者」であり、国家資格ではありませんが、教師はそのものズバリです。

「調剤師」だと、調剤を教え導く者となり、「調剤」を誰かに教えて導く教師の一カテゴリーという感じに見えます。

「調剤士」だと、調剤を処理する才能のある者ということになります。

薬剤師は『調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする』と薬剤師法第1条に定められています。
「調剤」は手段の一つに過ぎないのですが、調剤という手段が目的化しているのであれば、それは調剤士であるかもしれません。

今後の薬局は地域社会への貢献が鍵になる

厚労省 患者のための薬局ビジョンに
『門前』から『かかりつけ』、そして『地域』へ
という副題が付いています。

私は地域への医薬品供給など公衆衛生上の貢献をすることで、国民の健康を確保するのが薬剤師法第一条の趣旨だと考えています。
薬局機能が地域社会にまだ溶け込んでいないから?というふうに感じました。

異業種コラボについて

地域社会に溶け込むという点で、
時々見かけるコンビニ+薬局という取組みにはそれなりに意味があると考えています。

ただし、コンビニの店滞在時間と
処方箋を受けて服薬指導の準備ができるまでの時間
にはギャップがあります。
ドラッグストア併設には及ばないまでも、コンビニエンスストアよりもスーパーマーケットや来店頻度が高めの専門店の方が生活者ニーズにマッチすると考えます。

さて、スーパーの(市販薬)薬品部門は、売れないことが多いです。
これは本部と現場のマーチャンダイジング能力の問題と認識しています。以前、某スーパーのドラッグストア部門を買収した企業のお手伝いをしたことがあります。大きな売上・利益増を行うことは可能です。
売れている店はマレにあり、たいていは現場担当者の頑張りです。

現状の薬局であれば、それらが不要であり、ノウハウに欠ける業態でも運営しやすいことは事実です。
ただし、医療提供施設でもある薬局ですので、経営の無理解による現場の不幸は増えるかもしれません。

保険調剤専門薬局とドラッグストア併設薬局に顧客視点はあるか

「医療用医薬品や一般用医薬品、介護用品等を手に入れられるだけでなく①専門家による健康に関する情報の提供、悩みや相談への対応②必要な場合の医療機関や介護サービス・介護福祉施設への紹介など、問題が解決する、あるいは道筋が見えてくる、という地域の拠点」

以上は、ドラッグストア業界の健康ハブステーション構想です。
地域への貢献を目指す「患者のための薬局ビジョン」とゴールは近いものです。
目の前の点数獲得を目的としているように見える「かかりつけ」薬局

来店客へのサービス拡大と捉えること
では、違うように感じるのです。
どちらが到達しやすいかは顧客視点がある方かなと。

お読みいただき、ありがとうございました。
記事をお読みいただいた方に最適化された広告です。

患者のための薬局ビジョン
最新情報をチェックしよう!